レーシック費用を徹底解説!

レーシック費用を説明する医師当サイトはレーシックを検討している方に、現状のレーシック費用について詳しく紹介したサイトです。

レーシック手術といっても様々な種類があり、人によって受けられる施術も違うので、自分に適したレーシック施術の費用をチェックする必要があります。

また現在は、最高位機種のアマリス750Zレーシックや角膜切開幅の小さいリレックススマイル、角膜を傷つけないオルソケラトロジーなど、高精度の施術が多いのでレーシック費用もさまざまです。
 

 

主なレーシック費用を紹介【2017年版】

まずレーシック手術の大手クリニックから、主流の施術メニューをピックアップしてその費用を紹介します。損しないように相場を確認しておきましょう。

品川近視クリニックの主な施術費用
施術メニュー 料金(税込) 解説

品川イントラレーシックアドバンス


14.7万円

イントラレーシックでは最安といえる施術。フラップ作成には最新のイントラレースを使用。術後の不正乱視を軽減。

クリスタルZレーシック

23.2万円

通常のZレーシックよりさらに質の高い見え方を追求。この質でこの料金は格安。術後の回復が早いのも特徴。

アマリス750Zレーシック


29.7万円

レーザー照射スピードがさらに速くなり目の負担を軽減!最も安全で質の高いレーシック。費用は32万→29.7万円とさらに安く!

品川近視クリニックの費用一覧を見る
 

神戸神奈川アイクリニックの主な施術費用
施術メニュー 料金(税込) 解説

iFSイントラレーシック

25万円

厚生労働省承認機器を使用したイントラレーシック。わずか10秒程度でフラップを作成。3年間保障。

プレミアムアイレーシック

30万円

「見え方の質」「夜間視力」などにこだわりたい人に適した施術。3年間保障。+3万円で15年保障。

プレミアムアイデザインレーシック

40万円

神戸神奈川アイクリニックの最高級レーシックプラン。費用は高いた安心感もある。トータルケア15年保障。

神戸神奈川アイクリニックの費用一覧を見る
 

新宿近視クリニックの主な施術費用
施術メニュー 料金(税込) 解説

iFSイントラレーシック

19.8万円

世界最新型イントラレーザーでフラップを作成するスタンダードなイントラレーシック。費用は安め。

カスタムフィット イントラレーシック

27.8万円

最新型イントラレーザーiFSに加えて、術後の不正乱視を軽減し、見え方のクオリティをアップを実現した施術。

バリオデザインレーシック

32.9万円

眼球の回旋を認識し、術後の高次収差を大幅軽減。費用は高めだが強度の近視・乱視の方でも治療可能。3年保障。

新宿近視クリニックの費用一覧を見る
 
 

施術メニューごとのレーシック費用の違い

品川近視のスタッフ

視力回復手術のレーシックは、施術メニューよって費用が大きく違ってきます。レーシックはフラップの作り方に二通りあって、施術メニューが異なり手術費用に大きな違いが出ます。

まずは今では格安費用で受けられる旧来のマイクロケラトームレーシックと、近年の主流であるレーザーを使う各種レーシックの違いを見てみましょう。


 

旧来のマイクロケラトームを使うレーシックの場合

・マイクロケラトームレーシック

10万円以下の場合も多い!格安!(客集めのためのメニュー?)

最安料金のケラトームレーシック

10万円以下の極端に安い費用の施術は、フラップ作成のときにマイクロケラトームを使う旧来のものです。

マイクロケラトームはカンナのような刃の付いた器具で、この器具を使用して角膜の表面を薄く剥いで蓋の役目をするフラップを作ります。マイクロケラトームは、安全のため使い捨てにしますが、価格がそれほど高くないため手術費用も低く抑えられています。だいたい十万円弱です。

ケラトームレーシック料金比較表
クリニック名 料金(税込) 解説
品川近視クリニック 75,600円 名称:スタンダードレーシック
神戸神奈川アイクリニック
150,000円
名称:スタンダードレーシック
新宿近視クリニック

94,000円

名称:SBKレーシック
ドクター綾乃

【解説】ただし、これは初期の古いレーシックであり、安全性や質の面からおすすめできません。メリットは費用が安いということです。

 
 

主流のレーザーを使うレーシック場合

・イントラレーシック
・Zレーシック
・アイレーシック
・アマリスZレーシックなど

施術により15万~40万円程度

費用の安いイントラレーシック

現在はフラップを作るときにフェムトセカンドレーザーを使い、レーザー照射で角膜の表面を薄く剥ぐやり方が主流です。 このやり方は、正確にフラップの作成が出来ることやマイクロケラトームより医師の技量を要しないため安全です。

しかし、フラップ作成後に使うエキシマレーザーの価格が高いことやメンテナンス費用が高いため、それが手術料金に反映してマイクロケラトームでの施術より高額になります。

ドクター綾乃

手術費用は、だいたい15万~40万円くらいです。 この手術代金の開きは、フェムトセカンドレーザーやエキシマレーザーの種類の違いによる価格差、また高性能エキシマレーザーは使用モードが何種類かあり、そのモードによって使用料に差があることによります。

 

イントラレーシック料金比較表
クリニック名 施術名 料金(税込)
品川近視クリニック 品川イントラレーシックアドバンス 158,760円
神戸神奈川アイクリニック iFSイントラレーシック 250,000円
新宿近視クリニック iFSイントラレーシック 198,000円

ドクター綾乃

【解説】角膜フラップをレーザーで作ることにより、医師の技術力に左右されにくい安全施術ができるレーシックの定番。費用は安いものもあるので、十分な角膜の厚さがある方はイントラレーシックでも十分かなと思います。


 

各院の最高位レーシック料金比較表
クリニック名 施術名 料金(税込)
品川近視クリニック アマリス750Zレーシック
297,000円
神戸神奈川アイクリニック プレミアムアイデザインレーシック 400,000円
新宿近視クリニック Max Vario Design レーシック 398,000円

ドクター綾乃

【解説】行きつくところまでいった感のある最上位レーシック施術。エキシマレーザーの照射スピードが格段に早くなり、角膜へのダメージも最小限に抑えられ、最高品質の鮮明な見え方を希望するならこのクラス。当然費用は高額なので、よく考えてからきめてください。


 

各クリニックによるレーシック費用の違い

レーシック料金は各クリニックが自由に設定することができます。できるだけ低価格に抑えてお客を集めようとするクリニックや、価格は下げずに1人1人にじっくり接して顧客単価を上げようとするクリニックなど様々です。

レーシックは保険が適用されない治療なので、格安といわれるクリニックでもそれなりの費用は考えておきましょう。

ドクター綾乃

実際のレーシック機器はとても高額なため、地方の小さなクリニックでは質を保ったまま料金を下げることはほぼ不可能です。無理矢理に料金を下げようとすると、銀座眼科の感染症事件のような悲惨な事件も起こりかねません。

ですので、レーシック費用を安く抑えつつ、質の高い施術を受けようとした場合、知名度の高い大手を選ぶことになります。

知っておくべき3つのポイント

小さな眼科は新しい機器を導入するのは難しい

未だにケラトームレーシックをメインに扱っている眼科も相当あります。しかも費用はイントラレーシック並みに高い場合も。


小さな眼科は格安レーシックを行うと、健全経営は無理

小さな眼科の場合、格安費用はどこかでしわ寄せがきます。そのうち潰れて、不具合がおきたときにアフターケアを受けたり、相談ができなくなるリスクも。


今は低価格競争が収束し、健全レベルの価格帯に

そうなると同じレベルの施術でも、信用や集客力のある大手クリニックの方が断然費用が安くなってきます。


費用面での大手クリニックランキングBEST3

 品川近視クリニック

国内最安レベルの費用と技術力が魅力のイチ押しクリニック!
品川近視クリニックの費用

【費用安さレベル】

 

スタンダードレーシック 7万円
イントラレーシック 8.6万円
品川イントラレーシックアドバンス 14.7万円
クリスタルZレーシック 23.2万円
アマリスZレーシック 29.7万円

※全国5院あり(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)

ドクター綾乃

レーシック業界の最大手クリニック。大手だからできる低費用は本当に魅力です。このレベルの最新機器を使ってこの料金というのは、総合的に他のクリニックを圧倒しています。まずは品川近視で無料検診してみることをおすすめします。




※適応検査はすべて無料で受けられます

費用ゼロの適応検査

 神戸神奈川アイクリニック

費用を超えたアフターケアなどを前面に押す大手クリニック!
神戸神奈川アイクリニックの費用

【費用安さレベル】

 

スタンダードレーシック 15万円
iFSイントラレーシック 25万円
プレミアムアイレーシック 30万円
プレミアムアイデザインレーシック 40万円

※全国2院あり(東京、大阪)

ドクター綾乃

旧神戸クリニックと神奈川アイクリニックが合併してできた大手クリニック。費用は高めですが、アフターケアや親身になった対応を前面に押し出して人気を得ている。高めの費用でもOKな方におすすめ。




※適応検査の費用はすべて無料になります

 新宿近視クリニック

新しい施術も積極的に導入するクリニック!
新宿近視クリニックの費用

【費用安さレベル】

 

SBKレーシック 9.4万円
iFSイントラレーシック 19.8万円
Custom Fit イントラレーシック 27.8万円
Max Vario Design レーシック 39.8万円

※全国1院のみ(東京新宿)

ドクター綾乃

以前は全国4箇所にクリニックを展開していましたが、現在では東京新宿院のみ。リレックススマイルなど新しい施術も積極的に導入する比較的新しいクリニック。レーシック費用は相場並みです。




※適応検査はすべて無料で受けられます

 
 

レーシック手術費用の相場は?

一般的な費用の相場

キャンペーンなど様々な割引もありますが、一般的な標準価格としては、「両眼20~40万円」というところが多くなっています。一時期は価格競争で両眼10万程度のものもありましたが、現在は一部の大手以外は見られません。

「レーシック」と一言に言っても、色々な施術の種類があり、使うマシン機材も異なっています。値段はピンキリなので、高い安いだけで判断しないように気をつけましょう。

レーシックに保険?

残念ながらレーシックは保険外診療であり、一般的な健康保険は対象外ですので費用は全額自己負担となります。高額料金になるため、クリニックによっては医療ローンなどで分割払いに対応しているところもあります。

また自分が入っている任意の生命保険や医療保健でレーシックに「手術給付金」などが支払われることがあります。実費負担が大幅に減りますので、必ず保険会社に確認してみましょう。

術後の費用

・術後のアフターケア・検診
・視力が出なかった場合などの再手術

レーシックの手術代に、術後の検診や薬の料金が含まれているのかは確認しておきましょう。同じ金額に見えても、アフターケアが充実しているクリニックとそうでないクリニックでは、結果として必要な金額が変わってきます。

また万が一に術後の状態が思わしくない場合、後遺症が酷い場合に、再手術が無料で受けられるかなどアフターフォロー体制は確認しておきましょう。

「もうちょっと見えた方がいいな」というような患者の感覚による再手術はどこも有料ですが、たとえば「まぶしくて生活に支障が出る」「まったく視力が出ない」などの場合にクリニックがどう対応するのか、事前に知っておくことが大切です。
 
 

レーシック以外の施術

レーシックには一定の角膜の厚みが必要であり、あなたも施術を受けられない可能性はあります。その場合は、レーシック以外の視力回復できるオススメ施術を考えてみてください。

最近話題のリレックススマイルやオルソケラトロジー、ラゼック、エピレーシック、老眼治療のスープラコアなどです。これらの手術は、レーシックに比べると手術例が少なく、患者数も多くないため手術代金が高額なことが多く、50万円を越えるものもあります。

レーシック費用を説明する医師

オルソケラトロジー

手術のいらない視力矯正。寝ている間にオルソケラトロジーのレンズをつけることで角膜形状を矯正。起きている時間は裸眼で生活できるようになる。

リレックススマイル(ReLEx SMILE)

レーシックに比べて角膜の切除を最小に抑えて施術可能。近視の戻りが少なく、ドライアイやハロ・グレアの症状も抑えられます。

ラゼック(LASEK)

角膜フラップを作らないため目への衝撃に強く、激しいスポーツや格闘技をやる方に適している。ただしレーシックに比べて痛みを感じる方が多い。

フェイキックIOL・ICL

小さなレンズを目に挿入することで視力を回復させる、厚生労働省が認可した効果的な治療法。永久コンタクトレンズとも言われ、近視の戻りもない。
 
 

レーシックでは確定申告の医療費控除が可能?

確定申告

確定申告でレーシック医療費控除
「医療費控除」を申請すれば、払いすぎた医療費を税務署から返済してもらうことができます。医療費に税金がかかっているという感覚があまりないのですが、申請すれば必ず手元に戻ってくるお金です。
そのお金のことを、「還付金」といいます。

レーシック手術は対象です

「医療費控除」は十万円以上の費用が対象ですので、十万円を超えるレーシック手術であればもちろん対象になります。

領収書は必須

医者から発行してもらった「領収書」は大切に保管しておきましょう。これがないと医療費として支払ったことの証明ができません。またコピーは不可です。

医療費控除は年末調整では処理されない

手術のだいたい翌年2月16日~3月15日までの間に税務所に行き書類に記入して、領収書を添付して自分で税務署に確定申告しなければいけません。
かなり面倒がかかりますが、少しでもお金が戻ってきます。

国税庁に確認

レーシック費用の医療費免除
一つ注意があるとしましたら、国税庁の医療費免除にについてみても、レーシックは医療費免除の対象だとはありますが、レーシックの扱いが税務署によって違うということがあります。ですから、事前に最寄りの税務署で確認をとりましょう。

家族が同居の場合

家族が同居をしている場合、一緒に提出は可能です。病気はすべて「還付金」として少しだけとはいえ戻ってきます。勿論、領収書は全てとっておきましょう。薬代の領収書も同様です。

家族と離れて暮らしている場合

一緒に提出は出来ません。ただレーシック手術は、必ずといっても十万超えますので自分だけの領主書でもいただけます。ですから、十万以下の怪しいレーシック手術を安易に受けるよりも、必ずきちんとした病院で手術をしましょう。

視力回復した女性
 
 

費用が高いことに対する正当な理由

ドクター綾乃

レーシックにおいて高額な費用は1番のネックになる方は多いと思います。そこで、なぜレーシック費用は高額になるのかを、クリニック側の視点で考えてみたいと思います。
実績のある先生方の意見を引用しますので、レーシックを受ける前に参考にしてください。

▼レーシック費用に差があるのはなぜ?

インターネットなどで、「レーシック両目10万円」というような格安価格で宣伝されている場面をよく目にします。
レーシックに使用するレーザーはとても高額なものです。さらにーそのレーザーを安全に使用するためには定期メンテナンスが必要ですし、また、患者さんお一人ごとに、使い捨ての道具もあります。
さらには、器具の滅菌消毒、手術室の衛生管理、そしてスタッフ教育。患者さんごとの検査とカウンセリングにかける時間、そうしたことを考えると、両目10万円では本来レーシックは不可能といってもよいでしょう。

実際に、10万円と格安を謳っている施設も、実際にはいろいろなコースが設定されており、結局はもっとも安心できる精度の高いコースを選ばざるを得ず、それなりの金額となるようです。格安価格は目を引くための宣伝用の価格にすぎないということです。

▼レーシックの費用

レーシック治療は自由診療で保険が適用されません。全額自費の診療となります。私がレーシックを行っている「みなとみらいアイクリニック」では、レーシックにも様々な種類がありますが、およそ、片眼でニ十万円~二十五万円、両眼で四十万円~五十万円です。

さて、この治療費、みなさんは高いと思いますか?国民皆保険制度があり、これまで常に低い医療費負担で治療を受けられてきた日本では、やはり高いと感じてしまうのは無理のないことと思います。

レーシックは設備にとてもお金がかかります。レーザーは1台5000万円~8000万円もする高額な設備です。また、機器を正確に安全に使用するための定期的なメンテナンスにも、年間で400~500万円の費用がかかります。

それだけでなく、使い捨ての器具もあります。専門知識とキャリアを備えた検査スタッフやナースなどの人材も必要です。私たち眼科医も、常に新しい情報を入手して、機器のバージョンアップなどにも対応していくことが求められます。

ネットで低料金の手術をアピールして患者さんを集めている施設がありますが、本来レーシックはそんな金額でできる治療ではありません。

何かを切り落としていかなければ、安価な治療はできないし、実際は古い治療方法を安く提示して患者さんを集め、いろいろな説明を聞いているうちに結局は金額がどんどん上がっていく、というょうな普通の医療ではちよっと考えられないシステムの施設もあります。

大切な目の手術です。治療費は、自分の生活の質を大きく変えるための投資だと考えてみてもよいのではないでしようか。

なお、皆さんが任意で加入している医療保険の中には、レーシックも手術のひとつとして手術見舞金が支払われるものがあります。保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

 
 

レーシック手術の費用に関する覚書

・レーシック(角膜屈折矯正手術)は年齢によって手術費用が変わることはありません。

・基本的には手術を受ける曜日によって料金が変わることはありませんが、施術メニューによっては曜日によって割引が適用されることがあります。

・無料の適応検査は所要時間2時間にも及ぶしっかりした検査が受けられるので、自分の目のことを知るためにも受けて損はありません。適応検査を受けて適応と判断されても必ず契約しなければいけないわけではありません。

・品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックでは、遠方1万円補助サービスを行っています。1万円が支給される対象エリアは公式ページで確認しておきましょう。

・確定申告ではレーシック費用の領収書が必要になるため、施術を受けた日に必ずもらっておきましょう。

・レーシックを値段の安さだけで選ぶとデメリットも大きく後悔しがちです。レーシックが失敗する例は少ないですが、ハロ・グレアやドライアイなど合併症が酷くなるリスクが高まります。

・1日レーシックなら適応検査と手術が1日で終わるので、遠方の方は交通費はお得になります。

・レーシック難民は一昔前に格安レーシックを受けたためになった人がほとんど?

・以前はクリニック同士の価格競争でギリギリまで料金が下がり、閉院するクリニックもあったが、現在はある程度適正な料金に落ち着いてきている。
 

最後にひとこと

ネットで調べるとレーシックの口コミや評判は悪いものもありますが、実際にレーシックを受けた人の体験談を聞けば印象も変わると思います。気になる場合は来院して無料検査を受けたり、無料説明会に参加して専門医に直接聞いてみてください。

レーシックで失明した人は一人もいません。有名人やスポーツ選手の体験者も多いです。しっかりしたクリニックを選び、あまり費用をケチらずに安全性の高い施術を選ぶことをお勧めします。

あえて費用の高い施術を選ぶのもためらわれるかもしれませんが、その分の生活の質が上がると思えば安いでしょう。眼鏡やコンタクトレンズから解放されて、裸眼で生活できれば多少高額でも満足度は高いと思います。